自動車事故修理.com
ホンダ NSX修理工場

ガレージアップ キズヘコミから保険修理まで

CAR REPAIR FACTORY


板金 塗装 修理 車検のガレージアップ TEL072 822 3344

  1. 北河内地域エリア範囲の大阪府寝屋川市の自動車修理工場です。
    ★ 中古車・中古パーツ販売一覧  中古車、中古パーツも販売中!★  

    お車の買取致します。(無料買取査定!)

  2. WEBに特化し、あらゆる車の板金と塗装と車検整備を格安にて致します。
  3. 修理を電話072 822 3344で簡単にお見積!車両の状態をお伝え下さい!
  4. 大きな事故は24時間レッカー車対応!お見積はいつでもOK!代車無料にてお預かりの車の修理を致します。
  5. お車のエンジン・ミッション・機械類の修理も致します。
  6. ガラスコーティングとエアロパーツ取付、オーディオとエアロパーツを取付致します。
  7. 必要な個所のみ修理した、格安の車検を受付しています。もちろん整備も致しています。
  8. レーシングカー(NSX、レクサス、GTR、S2000)、クラッシックカー、外国車(ベンツ、BMW、VW)の修理も致します。
  9. 保険事故取扱!保険取扱店ですので、事故車の修理等をすべて対応致します。お気軽にお問合せください。
  10. 当社は中古車の販売及び買取をしています。
    電話で簡単、無料買取査定中です
    車検証と走行距離とグレードをご確認しお気軽にご相談下さい。
    WEB広告に特化し、広告費等のコストを徹底的に削減し、高品質のサービスをガレージアップはご提供致します。
    ★【地図】当社本店の所在地はこちらでご確認ください★  

ガレージアップ キズヘコミから保険修理まで  E-mail: g-up@rf7.so-net.ne.jp
★大阪府 寝屋川市 小路南町 10-8★
TEL: 072-822-3344  FAX: 072-822-3345    担当: 上村 (090-3706-2900)

ブレーキパッド交換

ブレーキパッドの交換は、ブレーキの構造により作業手順が異なる。
対向ピストン方式のディスクブレーキの場合
タイヤを取り付けているナットを緩める。
車止めをかけて、ジャッキで車体を持ち上げ、ジャッキスタンドで車体を保持する。
タイヤを取り付けているナットを外し、タイヤを取り外す。取り外したタイヤは、車体下に置き、万一車体が落下した場合に備える。
ブレーキパッドを押さえているピンまたはボルトを外す。
ブレーキパッドを押さえている金具を外す。
ブレーキフルードの油量を確認する。多ければあふれる場合がある。
ブレーキパッドを押して、ブレーキピストンをゆっくり押し戻す。
ブレーキパッドを取り外す。
新しいブレーキパッドを取り付ける。
ブレーキパッドを押さえている金具を取り付ける。
ブレーキパッドを押さえているピンまたはボルトを取り付ける。
タイヤを取り付け、ナットを締める。
車体を下ろし、規定トルクでタイヤを取り付けているナットを締める。
ブレーキフルードの油量を確認し、ブレーキペダルを踏み代が出まで数回踏み、再度油量を確認する。
低速で走行し、ブレーキが効くか、異音がしないかを確かめる。

デフオイル交換


デフオイル交換デフ(デファレンシャル・ギア)オイルは、一般的に交換頻度が低く、車種によっては、デファレンシャル・ギア・ケースを分解しないとオイルの排出が出来ない場合もある。またFF車の場合、トランスミッションとデファレンシャル・ギアが一体となっており、オイルも共用する事から、デフオイル単体での交換という作業の無い場合も多い。ここでは、デファレンシャル・ギアが単独で存在し、ギア・ケースにオイル交換用の排出口と注入口がある場合を想定して、交換手順を説明する。
車止めをセットし、ジャッキで車体を持ち上げ、ジャッキスタンドで保持する。
デファレンシャル・ギア・ケースのオイル注入口を閉じているボルトを外す。
デファレンシャル・ギア・ケースのオイル排出口を閉じているボルトを外し、オイルを排出する。
オイル排出口を締める。
オイル注入口からデフオイルを注入する。
オイルが注入口より溢れたら、オイル注入口を締める。
車体を下ろす。

自動車・オートバイでのラジエター


水冷式エンジンを搭載する車種においては、エンジンで発生する過剰な熱を発散するための装置であり、アルミニウム製などのフィン付きの細管を多数並べた構造をしている。細管内部に冷却水を満たし、同じく冷却水を満たしたエンジンのウォータージャケットと接続して冷却水を循環することにより、エンジンの冷却を行う。
冷却水は加圧により100℃では沸騰しないようになっていて、より効率的にエンジンの冷却を行う。外気温が0℃を下回る環境では冷却水が凍結-膨張することで、ラジエターのみならず、シリンダーブロックをも破壊することがある。この対策として、冷却水にロングライフクーラント(LLC)や不凍液などを添加し、凍結を防止する。
冷却用ファンは気体の特性から、押し込み式に較べ、吸引式が効率に優れる。この場合も確実に吸引できるようシュラウド(覆い)の併用が望ましい。シュラウド後端からファンが顔を出すあたりに効率の良い範囲がある。

ボディー


ボディーは、剛性のある丈夫な素材で構成されており、強度を保ちながら操縦性や燃費の点でなるべく軽く作ることが理想的である。ボディーは一般に塗装とコーティングだけで済まされる。[要出典]
素材
骨格部分には、鉄、アルミニウム合金などの金属、あるいはカーボンコンポジットなどの複合材料が用いられる。主要骨格以外のパネル部分などには、合成樹脂が用いられることもある。
構造
現在のところ、エンジンと足回りをしっかり支える台車構造の上にボディーを構成したものと、ボディー全体で構造強度を持たせるモノコック構造とに大別される。台車構造を持つ例としてはトラック、バスなどが挙げられ、一般の乗用車はモノコック構造を持っている。一般の乗用車も第二次大戦前までは台車構造だったが戦後は小型車を中心にモノコック構造へと移行した。しかしアメリカ車など一部の大型車は戦後も長らく台車構造を採用していたが、現在ではリンカーンタウンカーが唯一の台車構造を持つ大型乗用車[2]である。国産車でもトヨタクラウンが9代目のS140型(1991年-1995年)のロイヤルサルーンと1999年の11代目のS170型のトヨタ・クラウンエステートの登場まで8代目130型のままマイナーチェンジしながら併売されていたワゴンモデルまで台車構造を採用していた。

エアクリーナー(Air cleaner)


エアクリーナー(Air cleaner)とは、エンジンやエアコンの吸気部に装着されるエアフィルタ又はそれを納めた装置である。
自動車用語としてはエンジン吸気用途のものがエアエレメント、エアコン吸気用のものがクリーンエアフィルタと呼び分けられており、どちらも不織布等の濾材で大気中に含まれる粉塵などを分離し、清浄な空気を供給するために用いられる。

ユーザー車検代行 保険事故車専門 ガレージアップ
大阪市(天王寺区・平野区・大正区・港区) クルマのエンジン修理
伊丹市と豊中市で 中古高所作業車販売のTRUCK123
関西(大阪・京都・奈良・和歌山・兵庫) クルマのパワステ修理
クルマのダイナモ修理 枚方市・交野市(大阪府)
枚方市と交野市で 電話で簡単、トラック買取査定
・東大阪市 中古トラック販売
トラック販売とトラック架装・整備情報発信 簡単検索!TRUCK123  堺市・和泉市・高石市
堺市・和泉市・高石市 24時間レッカー 事故修理 ガレージアップ
大阪市 ウイング買取情報
兵庫県(西宮市・神戸市・芦屋市・宝塚市) 外国車修理工場
くるまリサイクルパーツの販売と取付 大阪市(西区・北区・中央区・旭区・浪速区)
高槻市と茨木市で 中古ユンボ買取のTRUCK123
自動車リサイクルパーツの取付と販売 ビーエムダブリュー(BMW)
web専門 中古トラック激安販売とトラック架装・整備のトラック123 東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県
web専門 中古トラック激安販売とトラック架装・整備のトラック123 2tトラック(エルフ・キャンター・ダイナ・デュトロ)
フレーム修正 兵庫県(加西市・加古川市・高砂市・明石市)
クルマ中古パーツ販売と取付 枚方市・交野市(大阪府)
トラック架装・整備と中古トラック販売情報とトラック豆知識  大阪市(西区・北区・中央区・旭区・浪速区)
事故車のレッカーサービス 豊中市・池田市(大阪府)
豊中市・池田市 アウディ修理工場
大阪市(天王寺区・平野区・大正区・港区) ベンツ修理工場
くるまリサイクルパーツの販売と取付 三重県(桑名市・四日市市・鈴鹿市・津市)
くるま中古パーツ販売と取付 保険事故車専門 ガレージアップ
クルマの保険事故修理 大阪市(東淀川区・鶴見区・都島区・東成区)
事故車、出張無料見積、画像見積 守口市・門真市(大阪)
関西地域で 中古トラック販売のTRUCK123
初心者サーフィンスクール 寝屋川市
クルマのオートマ修理 トヨタ(TOYOTA)
ダートラ車製作、修理 海南市・有田市・御坊市・美浜市(和歌山県)